ライバルとの切磋琢磨が難しい

公立の中学に通っていれば高校進学時は受験が必要です。一方公立の小学校から公立の中学校に進学するには受験は不要で自動的に進学ができます。より良い環境で子供を勉強させたいときに私立中学などに通わせようとするなら受験が必要になり、子供もその努力をしなければいけません。学校だけだと合格が難しいなら塾に通わせる必要がありますが、個別指導塾と集団指導塾では子供のやる気の部分で差が出てきそうです。集団指導塾は同じ学力の子供が同じクラスで競い合って勉強できるので、他の子に負けない気持ちを持ちながら勉強ができるでしょう。個別指導塾は自分だけで学力を伸ばしていく必要があり、集団指導塾よりも自分で勉強する気持ちが強くないといけません。

合格に必要な教材が使えない

集団指導塾は多くの生徒を一度に教えるので、同じクラスの生徒はすべて同じ教材を使います。中学進学クラスなら学力に合わせた教材が用意され、実力のある子ならどんどん上のクラスでレベルの高い教材を使えるでしょう。個別指導塾でも中学受験対策ができますが、多くは自分で教材を選ぶ必要があります。塾によっては教材の提案をしてくれるところもありますが、それぞれの塾独自の教材などはなく、集団指導塾に比べると教材のレベルが劣るかもしれません。集団指導塾のようにレベルアップしたら上のクラスに上がる仕組みもないため、実力が上がっているのにレベルの低い教材を使い続けるリスクもあります。生徒の実力をきちんと把握してくれ、それに合わせた教材を提案してくれる塾を選ぶ必要があるでしょう。

受験生の方で最後の追い込みに行き詰まっていたら、大学受験の個別指導を利用してみましょう。自分に合った勉強法や強みを見つけてもらえるはずです。