学校によって出題傾向が大きく異なる

中学受験で最も重要なのは、その学校の出題傾向を踏まえで対策ができるということです。国公立の場合でも私立の場合でも、中学受験の場合には、その学校の個性を無視することはできません。そのため、中学受験においては志望校の過去の出題例や、合格傾向等、情報分析を確実に行う必要があります。そうした意味で、個別指導塾では、生徒の性格や志望校の個性を踏まえたうえで、一人ひとりに合った指導方法で、また受験の必要性を踏まえて指導を受けることができます。集団塾では子どもひとり一人のカウンセリングにかけられる時間には限界があり、またどうしても目立つ生徒が優先されてしまう傾向があります。しかし、個別指導塾においては十分な時間の確保が可能です。

指導講師を選ぶことができる

中学受験に挑むのは小学生です。もちろん心身ともにまだ未成熟ですから、先生はただ勉強を教えるだけでなく、大人としての見本となります。もしも志望校の出身つまり、先輩になるかもしれない人が先生になるのであれば、生徒のモチベーションも高まるでしょうし、先生のようになりたい!と授業にも熱が入ることでしょう。親の言うことは聞かなくても、先生の言うことは聞くというのは、珍しい話ではありません。先生と生徒にも相性があります。もしも上手くいかないことがあっても、個別指導塾であれば、先生を変更するという選択肢もありますから、生徒が嫌な先生に対して我慢しながら勉強をするという、非効率的な状況になることを防ぐことができます。

中高一貫の塾は学習環境を大きく変えずに学習できるというメリットがあります。塾の先生とも関係が出来上がるので、相談などしやすい環境です。